エクステリアの種類を徹底解説! 業者選びのポイントも知っておこう


エクステリアには、さまざまな種類があります。また、スタイルによってイメージが大きく変わるものです。とはいえ、エクステリアにはどんな種類があるのか、スタイルごとにどんな違いがあるのかなど、さまざまな疑問が出てくるでしょう。エクステリアの工事を検討されている方は、種類やスタイルについて知っておくと安心です。

そこで、本記事では、エクステリアに関する詳しい情報をご紹介します。

  1. エクステリアとは?
  2. エクステリアのスタイルについて
  3. エクステリアの種類
  4. エクステリアの施工業者を選ぶポイント
  5. エクステリアでよくある質問

エクステリアという言葉は知られていても、種類やスタイルなど詳しく知られていないケースが多いでしょう。本記事を参考に、エクステリアについて理解を深めてみてください。また、業者選びのポイントなども覚えておきましょう。

1.エクステリアとは?

まず、エクステリアとはどんなものを指すのかを考えていきましょう。

1-1.家の外周を飾るものを指す

エクステリアとは、家の外周を飾るものを指します。たとえば、カーポート・手すり・照明・ポスト・物置・フェンスなどです。希望に応じて、選ぶべきスタイルも変わってきます。具体的なイメージを固めておくことで、理想に近いエクステリアに仕上げることができるでしょう。

1-2.外構や造園とも異なるもの

エクステリアは、外構や造園とも異なります。家の外周に装飾するものの総称をエクステリアと呼ぶのです。一方、外構は、ブロック・レンガ・塀・階段などの構造体を指します。また、植栽や植栽に使う土・砂利などを使い、庭を造ることが、造園です。

2.エクステリアのスタイルについて

エクステリアには、どのようなスタイルがあるのでしょうか? スタイルについて具体的にご紹介します。

2-1.クローズドスタイル

プライバシーに配慮し、外部からの視線を遮るデザインに仕上げているのが、クローズドスタイルです。門やフェンスを高めのデザインにすることで、重厚感を醸し出すことができます。また、防犯対策としても有効なスタイルです。

2-2.オープンスタイル

オープンスタイルは、門などを設置せず、広く開放的な空間に仕上げるデザインです。敷地を目一杯使うことができ、通気や日照条件などにも恵まれます。施工費用も節約できるのがメリットです。ただし、外部から侵入しやすい設計であるため、防犯対策としては弱いというデメリットがあります。

2-3.セミクローズドスタイル

セミクローズドスタイルは、クローズドスタイルとオープンスタイルの中間をイメージしたデザインです。開放的な空間を維持しつつ、プライバシーにも配慮した設計となっています。セミクローズドスタイルにしたい場合は、開放的な部分と閉鎖的な部分をバランスよく取り入れられるよう、入念にデザインを練ることが大切です。

3.エクステリアの種類

エクステリアには、どんな種類があるのでしょうか? 種類別にご紹介します。

3-1.門

門は、開き戸や引き戸があります。デザインだけでなく、使いやすさも意識して決めることが大切です。材質は、サビに強く耐久性に優れたアルミが広く使われています。

3-2.フェンス

フェンスには、アルミ・アルミ鋳物・樹脂などの素材が使われています。木目調デザインや通気性などを意識した格子状のデザインなど、豊富なラインナップがあるのが特徴です。

3-3.ポスト

ポストは、据え置きタイプ・門柱や塀に埋め込むタイプ・壁掛けタイプなどがあります。アルミ・ステンレス・ガルバリウム鋼板など、素材もさまざまです。施錠できるタイプであれば、防犯対策にも役立ちます。

3-4.カーポート

カーポートは、1台用・2台用・3台用など台数に応じたタイプがあるのに加え、自転車置き場を併設できるタイプもあります。片側支持タイプや両側支持タイプなど、設置場所に応じたタイプが選択可能です。カーゲートは、シャッタータイプ・跳ね上げタイプ・伸縮タイプ・引き戸タイプ・アコーディオンタイプなどのバリエーションがあります。

3-5.デッキ

デッキは、天然木材を使用したものだけでなく、樹脂製もあります。樹脂製のデッキは、腐食やシロアリにも強いのが特徴です。タイル製のデッキも華やかな印象に仕上がるため、根強い人気があります。デッキはサイズやカラーバリエーションが豊富で、庭の広さやイメージに合わせて選ぶことが可能です。

4.エクステリアの施工業者を選ぶポイント

エクステリアを美しく仕上げるためには、信頼できる業者を選ぶことが大切です。業者選びのポイントを覚えておきましょう。

4-1.エクステリアの工事実績が豊富であること

エクステリアは、デザインのよさだけでなく、使い勝手も考慮しなければなりません。そのため、エクステリアの工事実績が豊富で、できるだけ希望が叶(かな)うデザインを提案できる業者を選ぶことが大切です。実績が豊富な業者であれば、機能と美観を兼ね備えたデザインを提案してくれるでしょう。

4-2.親身になって相談に乗ってくれること

エクステリアの工事を依頼する際は、さまざまな疑問や不安が出てくると思います。親身になって相談に乗ってくれる業者なら、工事に関する不安を事前に解消でき、安心感を抱くことができるでしょう。担当者の対応や作業への姿勢なども誠実で良心的かどうか、見積時にチェックしてみてください。

4-3.料金が明確であること

エクステリアの工事には、多額の費用がかかります。デザインが複雑なほど、高額になる傾向があるでしょう。複数の業者で見積もりを出してもらい、比較検討することが大切です。見積もりに内訳や単価などが細かく記載され、料金が明確な業者を選びましょう。大まかな料金だけを記載している業者は、工事完了後に追加料金や割増料金などが発生し、トラブルになることがあります。

5.エクステリアでよくある質問

エクステリアに関する質問を集めました。

Q.サンルームもエクステリアに含まれるのか?
A.はい、含まれます。サンルームはガラス張りで採光が豊かになるのに加え、空間を広く感じることができるエクステリアです。リビングとつなげるデザインなども人気があります。

Q.カーポートのデザインを決める際に注意すべきことは?
A.動線などを意識することです。車庫入れだけでなく、乗り降りがスムーズにできるデザインであることも大切なポイントとなります。また、地域によっては気候も考慮し、雪や風に耐えることができる設計にすることも重要です。

Q.DIYでエクステリアを作ることはできるのか?
A.はい、できます。しかし、一般の人が作る場合、強度が不足する場合があるので注意が必要です。頑丈に仕上げるためには、業者に依頼したほうが安心でしょう。

Q.エクステリアは、家全体を見て決めたほうがいいのか?
A.はい、全体を見て考えることが大切です。部分的に見て決めてしまった場合、デザインがバラバラになって、まとまりがない印象になってしまいます。エクステリアのデザインを決める際は、外壁の色や景観などを考慮しましょう。

Q.具体的なイメージやデザインが決まらない場合はどうすべきか?
A.大まかな希望を伝え、業者にいくつかのデザインを提案してもらいましょう。実績豊富な業者であれば、過去の事例などを参考に、希望に近いデザインを提案してくれます。箇条書きでもいいので、できるだけ細かく希望を書き出しましょう。

まとめ

エクステリアは、家の外周を飾るものを指します。たとえば、門・フェンス・ポスト・カーポート・デッキ・サンルームなどです。エクステリアには、さまざまなスタイルがあります。できるだけ希望に近く、使いやすいデザインにするためには、実績豊富な業者に依頼することが大切です。信頼できる業者を選ぶためにも、実績に加え、対応などもしっかりチェックしましょう。