外壁塗装の色選びでお悩みの方へ! 失敗しない&人気の配色を解説!


「そろそろ外壁塗装をやり直したいけど、色選びで失敗したくない」「外壁塗装の色選びで満足するポイントを知りたい」とお考えではありませんか? 外壁塗装の色選びは、建物の外観イメージを大きく左右するので、とても重要ですよね。しかも、万が一失敗してしまえば、次回に塗り直すまで我慢するか、お金をかけて塗り直すことになってしまいます。「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、外壁塗装の色選びのポイントや注意点を押さえておくことが必要です。

そこで今回は、外壁塗装の色選びについて詳しく解説します。

  1. 外壁塗装の色選びで起こる失敗例
  2. 外壁塗装の色選びで失敗する原因は?
  3. 外壁塗装の色選びを成功させるポイント
  4. 外壁塗装の人気色は?
  5. 外壁塗装の色選びに関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装の色選びで押さえるべきポイントや注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.外壁塗装の色選びで起こる失敗例

最初に、外壁塗装の色選びでよくある失敗例をご紹介しましょう。

1-1.色見本と実際の仕上がりで大きくイメージが違った

外壁塗装の色選びに関する失敗でよくあるのが、色見本と実際の仕上がりイメージが大きく異なることです。小さな色見本を見て理想のイメージだと感じても、実際に外壁塗装に使われるとイメージが異なることはよくあります。特に、室内光の下で見た印象と、太陽光の下で見た印象では、同じ色でも大きく異なるので注意が必要です。

1-2.思ったよりも早く汚れが目立ってきた

外壁塗装の汚れが思ったよりも早く目立ってきたという例もあります。外壁塗装の色によっては、風雨やカビ・コケなどによる汚れが目立ちやすいものです。清潔感を重視して色選びをしたはずが、反対に汚れが目立ってしまうのでは意味がありません。特に、雨が多い地域や日当たりに不安がある立地では、外壁塗装の色選びで汚れの目立たなさもチェックする必要があります。

1-3.色だけを重視したため光沢が強い外壁になった

塗料の色だけを重視して決めた場合、実際に塗装された状態になると大きく印象が異なることがあります。外壁塗装したばかりの状態では、特に光沢が強く出るので注意が必要です。色見本で選ぶにしても、外壁材に塗装してあるものがベストでしょう。紙に印刷されたものやパソコンなどの画面に映し出されたものでは、塗料の光沢まで考慮していないため、実際の印象とのギャップが大きく出やすくなります。

1-4.周囲の建物から浮いて見える

外壁塗装の色選びによっては、周囲の建物から浮いて見えることもあります。たとえば、外壁塗装がベージュ系やグレー系の建物が並んでいる中で、一つだけ奇抜な色を使用しているととても目立つものです。場合によっては、景観を大きく損ねてしまうこともあります。そのため、地域によっては自治体が独自の景観ガイドラインを設定し、外壁塗装の色を制限していることもあるので注意が必要です。

2.外壁塗装の色選びで失敗する原因は?

外壁塗装の色選びで失敗してしまう原因は何か、詳しく解説します。

2-1.自分の好きな色を優先してしまう

外壁塗装の色選びの際、自分の好きな色を優先してしまうと失敗することがよくあります。自分の好きな色が外壁塗装の色に適するとは限らないからです。特に、濃いピンクや紫などの個性的な色は、一般住宅の外壁塗装の色としてはふさわしくありません。また、小物類などで目にする分なら好ましい色でも、外壁塗装のように大きな面積となると圧迫感や嫌悪感を覚えることもあるので気を付けましょう。

2-2.屋根色との調和を考えない

屋根色との調和を考えずに外壁塗装の色を決めるのも、失敗する原因になります。外壁塗装の色だけを見れば問題なくても、屋根色との調和が悪いと違和感が出るものです。屋根色と外壁塗装の色が同系統なら、まず問題ありません。しかし、まったく異なる色でトーンが合わない場合は、違和感が出てしまうので気を付けましょう。

2-3.業者に色選びをすべて任せてしまう

いくら信頼できる業者でも、外壁塗装の色選びをすべて任せてしまうと失敗しやすいので注意しましょう。中でも、依頼者に断りを入れず勝手に外壁塗装の色を決めてしまう業者には注意が必要です。たとえば、自社で在庫過剰となっている塗料や単に安いだけの塗料を外壁塗装に使用する可能性があります。本当に信頼できる業者であれば、顧客からお任せすると言われても、満足できる仕上がりにするためにさまざまな提案をしてくれるはずです。

3.外壁塗装の色選びを成功させるポイント

外壁塗装の色選びを成功させるために必要なポイントを見ていきましょう。

3-1.理想の外観イメージを固めておく

外壁塗装の色選びをする前に、理想の外観イメージを固めておきましょう。業者と契約を交わし、いざ外壁塗装の色選びをする段階になっても迷っているのではいけません。散々迷って色を決めても、後からほかの色にすればよかったとなるケースもあるでしょう。業者側にしても、依頼者の希望に合う色を提案したいのに、理想のイメージが固まっていないのでは困ってしまいます。あくまでも、色選びの最終判断は自分自身で行うことになるので、しっかりイメージを固めておきましょう。

3-2.実例をたくさん見てみる

外壁塗装の色選びでは、実例をたくさん見てみることが大切です。外壁塗装の実例を見るには、以下のような方法があります。

  • 近所を歩いてみて好みの配色パータンを探す
  • 住宅展示場に足を運び、モデルハウスの外壁塗装を見てみる
  • 信頼できる業者に相談して、多くの実例を見せてもらう

3-3.屋根色との調和を考える

屋根色との調和を考えた外壁塗装の色選びが、失敗を防ぐことにつながるでしょう。建物を近くから見上げるようにすると屋根色が見えづらいため、外壁塗装の色とちぐはぐになってしまうことがあります。建物をやや離れた場所から見て、屋根色と調和するような色を選ぶとよいでしょう。なお、よく晴れて湿度が低い日に見るのが、一番確実です。

3-4.周囲の建物との調和を考える

外壁塗装の色選びでは、周囲の建物との調和も考える必要があります。特に、閑静な住宅街や歴史のある地域では、周囲との調和を乱すと思わぬトラブルを招くことがあるからです。自治体によっては、景観ガイドラインによって外壁塗装の色に制限がかかることがあります。よく知らないまま外壁塗装してしまい、後から塗り直すといったことにならないためにも、きちんと調べておきましょう。

3-5.信頼できる業者にアドバイスしてもらう

外壁塗装の色選びで失敗しないためには、信頼できる業者にアドバイスしてもらうことがおすすめです。たとえば、以下のポイントを参考にして選んだ業者なら安心できます。

  • 外壁塗装の実績が豊富にある
  • 高い技術力と優れた仕上がりで定評がある
  • 豊富な実例を見せながら的確なアドバイスをしてくれる
  • 現地調査および見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • スタッフの言葉遣いや対応が丁寧で感じがよい
  • 顧客からの評判がよい
  • 保証およびアフターサービスが手厚い

なお、当造研でも、数多くの外壁塗装をお受けしてご好評をいただいています。外壁塗装の色選びでお困りの際は、ぜひご相談ください。

4.外壁塗装の人気色は?

外壁塗装で特に人気が高い色を詳しくご紹介します。

4-1.ベージュ系

外壁塗装では、ベージュ系の色が安定した人気を誇ります。シンプルで落ち着いたイメージの外観になることや、汚れが目立ちにくいことなどが主な理由です。どんな屋根色ともマッチしやすいのも、外壁塗装の色として優秀な点といえます。周囲の家とも調和しやすく最も無難な色なので、クレームが付くことはまずありません。なお、ベージュ系の色であっても、赤みが強い色と黄みが強い色では随分印象が異なるので、よく比較して選ぶとよいでしょう。

4-2.グレー系

グレー系も外壁塗装で人気が高い色の一つです。グレー系を外壁塗装の色に選ぶと、シックで都会的なイメージの外観に仕上げることができます。明るさを残したいのならライトグレー、重厚感を出したいのならダークグレーを選ぶとよいでしょう。グレー系の色は汚れが目立ちにくいのもメリットです。ただし、汚れを目立たないからといって放置すると外壁のダメージにつながりやすく、寿命を早めてしまうので注意しましょう。

4-3.ホワイト系

ホワイト系も、外壁塗装の色として根強い人気を誇ります。明るさと清潔感が強い色であり、若い人たちを中心に人気です。そのため、マンションやアパートの外壁塗装にもよく選ばれます。一方で、汚れが目立ちやすい色であることも否定できません。ホワイト系の色を選ぶ場合は、ほかの色よりこまめな掃除とメンテナンスが必要になるでしょう。汚れが気になる場合は、真っ白ではなくアイボリー系を選ぶのもおすすめです。

4-4.ダークブラウン系

シックで高級感のある外壁塗装を望む人には、ダークブラウン系が人気です。落ち着いた色合いなので、どんな街並みにもしっくりなじむことでしょう。洋風・和風いずれの建物にも、使いやすい色といえます。ただし、色が濃すぎると重たい印象になってしまいがちです。また、夜間に建物が見えづらい、白っぽい汚れが目立ちやすいなどのデメリットも理解しておく必要があります。

4-5.パステルカラー系

若いファミリー層に人気なのが、パステルカラー系の色です。パステルブルー・パステルピンク・パステルイエロー・パステルグリーンなどの淡い色を外壁塗装に使うと、明るい印象になります。ただし、パステルカラー系であっても、自治体の景観ガイドラインに沿わないと判断されるケースもあるため、事前に確認しておきましょう。一般的な住宅街では特に問題ない色であっても、歴史のある街並みの中では浮いてしまうことがあります。また、意外と汚れが目立ちやすい色でもあるため、メンテナンスの手間もかかるでしょう。

4-6.ツートンカラーは配色バランスに注意

外壁塗装の色選びでは、2色を組み合わせたツートンカラーも人気です。特に人気が高いパターンは、以下をご覧ください。

  • ベージュ×ブラウン
  • グレー×アイボリー
  • ベージュ×パステルイエロー

失敗しないコツは、薄い色を多めに使うことです。濃い色が多くなるとツートンカラーのよさが薄まり、場合によっては重たい印象になってしまうことがあります。ツートンカラーは、配色パターンのバリエーションが多くて自由度が高い分、センスを問われることになるといえるでしょう。

5.外壁塗装の色選びに関するよくある質問

最後に、外壁塗装の色選びに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.美容院の店舗に向く外壁塗装の色は?
A.メインの客層を意識した色を選ぶとよいでしょう。若い女性が主なターゲットなら、パステルカラーやナチュラルカラーなど、明るくて親しみやすい色を選ぶことがおすすめです。年齢層が高く、高級感のあるイメージを大切にしたい場合は、深みのあるブラウンやグレーなどがよいでしょう。

Q.外壁塗装の色選びで店舗の売り上げが変わるのは本当?
A.本当です。外壁塗装の色は、建物の外観イメージを大きく左右するため、色選びを間違えると客足が遠ざかる原因になります。取り扱う商品やサービスにマッチし、店舗イメージや主な客層が好む色を選ぶことが大切です。

Q.仕上がりの色が当初のイメージと違う場合は無料でやり直してもらえる?
A.依頼者が指定した色で外壁塗装した場合は、業者の落ち度ではありません。したがって、無料でやり直してもらうことはできないでしょう。

Q.外壁塗装の色について近隣からクレームが出たのですが?
A.まずは、クレームの内容をしっかり確認しましょう。地域の景観を大きく損ねるなど、クレームの内容によっては塗装し直しも検討する必要があります。

Q.外壁塗装の色が景観ガイドラインに違反したらどうなる?
A.自治体から指導が入ると共に、場合によっては、外壁塗装をやり直すことになります。無駄な時間とお金がかかるだけなので、事前に自治体の景観ガイドラインをきちんとチェックして違反しないように注意しましょう。

まとめ

今回は、外壁塗装の色選びについて詳しく解説しました。外壁塗装の色は、建物の外観イメージを大きく左右します。実際に外壁塗装の色を選ぶときは、小さな色見本だけを見て決めると失敗しやすいので注意しましょう。室内光で小さな色見本を見るのと、自然光に当たった外壁塗装の実例を目にするのでは印象が大きく異なります。後悔しないためにも、業者ともよく相談してなるべく多くの実例を見せてもらうことが大切です。また、自治体によっては景観ガイドラインがあり、外壁塗装の色にも制限がかかることがあるので注意しましょう。いずれにしても、この記事を参考にして信頼できる業者によく相談して色選びを進めることをおすすめします。