風呂の蛇口に水漏れが起きる原因は? 放置するリスクなどもご紹介


風呂の蛇口は、まれに水漏れが起きることがあります。水漏れを放置するとさまざまな問題が生じるため、早めに対処することが大切です。とはいえ、何が原因で水漏れが起きているのか、自分でも修理できるのかなど、分からない点が出てくるでしょう。

そこで、本記事では、風呂の蛇口に水漏れが起きる原因や、自分で修理できるケースと専門業者に依頼すべきケースなどについてご紹介します。

  1. 風呂の蛇口から水漏れが起きる原因は?
  2. 水漏れを放置する問題点
  3. 自分で修理できるケース
  4. 専門業者に修理を依頼すべきケース
  5. 業者へ依頼する際のポイント
  6. 蛇口の水漏れでよくある質問

蛇口の水漏れを発見したら、まずは原因を究明することが重要です。原因を見極め、適切に対処しましょう。

1.風呂の蛇口から水漏れが起きる原因は?

まず、風呂の蛇口から水漏れが起きる原因についてご紹介します。

1-1.パッキンの劣化

パッキンが劣化すると、金属部品同士にすき間ができるため、水漏れが起こりやすくなります。パッキンは経年劣化が起きるものです。数年おきに交換することが望ましいでしょう。ホームセンターでも市販されており、自分でも簡単に交換することができます。

1-2.給水管の異常

給水管の異常やトラブルは、蛇口からの問題だけでなく、風呂の台や壁の中からの水漏れを招く恐れがあります。多くの場合、業者へ依頼して修理しなければならないでしょう。

1-3.バルブの異常

サーモスタット混合水栓にはサーモスタットカートリッジ、シングルレバー混合水栓にはバルブカートリッジというバルブが組み込まれています。バルブの異常で水漏れが起きることもあるのです。

1-4.各種部品の破損

お風呂の蛇口には、さまざまな部品が使われています。1つでも部品が破損してしまうと、水漏れが起こりやすくなってしまうのです。部品の破損は、経年劣化だけでなく、衝撃などを受けて起きる場合もあります。

2.水漏れを放置する問題点

水漏れを放置して起きる問題についてご紹介します。

2-1.光熱費がかさむ

水漏れを放置していると、水道使用量が増加していき、光熱費がかさむ恐れがあります。わずかな水漏れでも1日中続いていれば、使用水量が膨れ上がってしまうのです。

2-2.カビの発生

水漏れを放置すると湿気がこもるため、カビが発生しやすくなります。水漏れ箇所にだけカビが生えるのではなく、天井や壁など広範囲に及ぶ恐れがあるのです。カビは悪臭も招き、アレルギー疾患などを発症する危険性もあるので、放置せず対処しなければなりません。

2-3.湿気が家全体に広がる

水漏れによる湿気は、家全体に広がる場合があります。床下などが常にジメジメした状態になり、カビだけでなく、害虫や害獣の発生リスクも高まるのです。夏場だと、こもった湿気が熱せられ、熱中症になる可能性もあります。

2-4.家電の故障

水漏れによって家全体にこもった湿気は、家電にも悪影響を及ぼします。故障やトラブルだけでなく、漏電や火災に発展するケースもあるのです。

2-5.近隣からの損害賠償請求

集合住宅で水漏れが起きた場合、隣戸だけでなく階下の住戸にまで影響が及ぶケースがあります。居室内まで水漏れが伝わり、家財にダメージを与えてしまうなど、被害は深刻です。近隣からの損害賠償請求に発展するケースもあるので、被害が拡大する前に対処すべきでしょう。

3.自分で修理できるケース

風呂の蛇口が水漏れした場合、どんなものであれば自分で修理できるのでしょうか?

3-1.パッキンの交換

パッキンの交換は、比較的簡単にできる作業です。蛇口のハンドル・接続部分・スピンドル部分にパッキンがあります。工具で緩めてパッキンを取り外し、新しいものに交換しましょう。

3-2.細かなパーツの交換も自分でできる場合がある

パッキン以外に、バルブなどの細かなパーツも、自分で交換できる場合があります。既存パーツの取り外しと新しいパーツの取りつけができれば問題ありません。ただし、ずれが生じないよう正しい位置に取りつけてください。

4.専門業者に修理を依頼すべきケース

専門業者へ依頼すべきケースについてご紹介します。

4-1.複雑な作業は業者へ依頼したほうが安心

解体など複雑な作業がある場合は、業者へ依頼したほうが安心です。自分で解体作業を行うと、取り外しているうちに、元の状態が分からなくなってしまうという恐れがあります。また、高度な作業には危険なものもあるため、ケガや事故などを防ぐためにも、業者に依頼したほうがいいでしょう。

4-2.被害が深刻な場合もすぐに業者へ依頼する

水漏れ被害が深刻な場合、迅速に対応することが求められます。速やかに業者へ連絡し、修理してもらいましょう。特に、近隣への影響などが懸念される場合も、被害が拡大する前に依頼することが大切です。

5.業者へ依頼する際のポイント

業者へ依頼する際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

5-1.水漏れ修理の実績が豊富であること

風呂の蛇口からの水漏れは、原因をしっかり把握してから作業することが大切です。実績豊富な業者であれば、原因究明も確実にしてくれます。

5-2.アフターフォローがしっかりしていること

風呂の蛇口からの水漏れを修理してもらっても、修理後に予期せぬトラブルが起こる可能性があります。アフターフォローが万全な業者であれば、補償の範囲内で無償修理に応じてもらえるでしょう。想定外の出費を回避したい場合は、必ずアフターフォローの有無や内容を確認してください。

5-3.良心的な料金であること

業者によって修理費用はまちまちであるため、複数の業者から見積もりを取り、リーズナブルな料金で良心的に対応してくれる業者へ依頼しましょう。ただし、料金の安さだけに目を奪われず、実績・サービス・工事内容などをしっかり確認してください。

6.蛇口の水漏れでよくある質問

蛇口の水漏れに関する質問を集めました。

Q.シャワーの水が止まらない場合も水漏れなのか?
A.はい、水漏れです。バルブや本体の故障などが考えられます。まれに、シャワーヘッド内に水が残留し、水滴が流れ出ることもありますが、シャワーヘッドを上向きにしても水が溢(あふ)れるようなら、水漏れが疑われるでしょう。

Q.夜間に水漏れが起きてしまった場合はどうすべきか?
A.24時間365日対応の業者へ修理を依頼しましょう。水が止まらない場合、甚大な被害になることが予想されます。早急に業者の手配を行ってください。

Q.パッキンの交換を自分でやろうと思ったが、途中で分からなくなってしまった場合は?
A.すぐに業者へ依頼してください。分解したパーツは紛失しないよう大切に保管しておきましょう。

Q.水漏れを放置した場合、家全体が劣化するというのは本当か?
A.はい、本当です。湿気がこもることで家の軀体(くたい)にまでダメージが及び、家の寿命が縮まる恐れがあります。風呂からの水漏れと軽視せず、適切に対処することが大切です。

Q.風呂の蛇口に水漏れが起きた場合、修理費用はいくらぐらいかかるのか?
A.修理箇所などによって異なります。簡単な修理であれば、4,000〜5,000円程度です。修理を依頼する際は、見積もりで正確な費用を出してもらいましょう。

まとめ

風呂の蛇口に水漏れが起きた場合、放置するとさまざまな問題が生じるため、早めに対処することが大切です。パッキンの交換など簡単な作業であれば、自分で行うこともできます。しかし、複雑な作業を伴う場合や被害が深刻な場合は、必ず業者へ依頼しましょう。アフターフォローがしっかりしている業者なら、修理後のトラブルにも対処してもらえて安心です。