洗濯機置き場のリフォームはどうやる? 設置場所や工事内容をご紹介


室内に洗濯機置き場がない場合、屋外に置かなければならず、天候に左右されることもあり、何かと不便に感じるものです。リフォームすることで、室内に洗濯機置き場を作ることができます。とはいえ、どこに作るべきか、どのような工事をするのかなど、分からない点も多くあるでしょう。

そこで、本記事では、洗濯機置き場のリフォーム工事内容や注意点などをご紹介します。

  1. 洗濯機置き場のリフォームが必要なケースとは?
  2. 洗濯機置き場はどこに作ればいいのか?
  3. 洗濯機置き場リフォームの工事内容
  4. 洗濯機置き場をリフォームする際の注意点
  5. 洗濯機置き場のリフォームでよくある質問

室内に洗濯機置き場を作ることは、家事の時短や利便性の向上につながります。既存の洗濯機置き場に不満がある場合も、リフォームがおすすめです。洗濯機置き場のリフォームを検討されている方は、本記事を参考にしてください。

1.洗濯機置き場のリフォームが必要なケースとは?

洗濯機置き場のリフォームはどんな場合に必要なのでしょうか? 具体的な事例をご紹介します。

1-1.賃貸物件で借り手がつきにくいとき

古い賃貸物件の中には、洗濯機置き場が屋外にあるために、借り手がつきにくいケースがあります。室内にきちんと洗濯機置き場があるだけで、付加価値を感じてもらえるため、借り手がつき安くなることもあるのです。

1-2.家事の負担を減らしたいとき

洗濯機置き場が屋外にあると、室内との行き来で負担が大きくなるものです。雨天時でも屋外で洗濯をしなければならず、洗濯が面倒になってしまうことがあります。室内に洗濯機置き場を設置すれば、家事の負担が軽減されるでしょう。

1-3.既存の洗濯機置き場に不便を感じているとき

室内に洗濯機置き場があっても、排水ホースの位置や設置高などによっては使いにくさを感じます。利便性を向上したい場合にも、リフォームで洗濯機置き場をリニューアルしてみましょう。

2.洗濯機置き場はどこに作ればいいのか?

洗濯機置き場は、どこに作ることができるのでしょうか? 設置場所などについてご紹介します。

2-1.キッチン

キッチンに洗濯機置き場を作る方法です。とはいえ、ビルトインコンロなどがあるシステムキッチンに作ることは技術的に難しいでしょう。流し台と分離できるキッチンであれば、洗濯機置き場を作ることができます。ガスコンロを撤去して作る方法です。ガスコンロを撤去せずに新たに洗濯機置き場を作る場合は、キッチンの空(あ)きスペースを利用してリフォームします。

2-2.浴室

浴室は給水と排水ができるため、洗濯機置き場を作るのに最適です。ある程度広さがある浴室であれば、洗濯機置き場を作っても、圧迫感が出にくいでしょう。

2-3.クローゼット

部屋の広さを維持しながら、洗濯機置き場を作りたい場合は、クローゼットがおすすめです。ただし、給水・排水・換気設備が確保できる場合に限定されます。また、洗濯機を置くための十分な奥行きが必要です。

3.洗濯機置き場リフォームの工事内容

洗濯機置き場は、どのようなリフォーム工事を行うのでしょうか? 工事内容についてご紹介します。

3-1.給水管の新設

洗濯機用に給水管を新設する必要があります。キッチンや浴室では、水道管を分岐するだけで、水を簡単に引き込むことができるでしょう。クローゼットに洗濯機置き場を作る場合は、新たな配管を新設するため、大掛かりな工事となります。

3-2.排水口の新設

洗濯機の排水を流すための排水口を新設し、うまく排水されるよう既存の排水管につなぐ工事が必要です。排水がスムーズにできるように勾配をつけるため、洗濯機置き場に高さを出す場合があります。

3-3.電源コンセントの新設

洗濯機用に新たな電源コンセントを作ります。内装工事とともに壁内へ隠すように作る場合もあれば、露出配線をカバーで隠し壁の上に配線を作る場合もあるでしょう。

3-4.洗濯機パンの設置

洗濯機を置くための受け皿となる洗濯機パンを設置します。洗濯機パンを設置することで、掃除などもしやすくなり、水漏れも防ぐことができるのがメリットです。ただし、スペースによっては、洗濯機パンを設置できない場合があります。

3-5.必要に応じて洗濯機置き場用の収納を作る

キッチンなどスペースにゆとりがある場所へ洗濯機置き場を作る場合、必要に応じて洗濯機を隠すための収納を作るケースがあります。洗濯機が収納の壁や扉で隠れるため、生活感が出にくいのがメリットです。収納を作る場合、内装工事も行わなければなりません。

4.洗濯機置き場をリフォームする際の注意点

洗濯機置き場をリフォームする際は、いくつかの点に気をつけなければなりません。注意点を覚えておきましょう。

4-1.排水トラップを設置すること

洗濯機置き場をリフォームする際は、悪臭防止のために排水トラップを設置してください。排水トラップは、排水管から上がってくる臭いを止めるものです。リフォーム業者へ依頼する際は、必ず排水トラップを設置するようお願いしましょう。

4-2.窓もしくは換気扇の設置

洗濯機周りは湿気がこもりやすいため、窓や換気扇を設置することが望ましいとされています。洗濯機置き場のリフォームと同時に内装工事を行う場合は、カビや腐食などを防ぐ目的で、壁や床に調湿機能がある素材を導入しましょう。

4-3.手抜き工事に注意すること

安さを重視する業者の中には、手抜き工事でトラブルが起きている場合があります。排水トラップの未設置・勾配がうまく取れていないなど使いにくさにつながるトラブルです。手抜き工事を防ぐためには、洗濯機置き場のリフォームなどを数多く手がけている業者へ依頼することが大切なポイントとなります。複数の業者から見積もりを出してもらうとともに、業者の実績や工事内容などにも目を向け、慎重に業者を選びましょう。

5.洗濯機置き場のリフォームでよくある質問

洗濯機置き場のリフォームに関する質問を集めました。

Q.洗濯機の場所を移動せずにリフォームすることもできるのか?
A.はい、できます。既存の場所をリフォームする工事です。洗濯機パンの交換など簡単なリフォーム工事で済み、給水管や排水管などは既存のものを利用します。

Q.洗濯機パンを設置しない場合、どのような工事になるのか?
A.洗濯機を床に据え置くため、床に直接排水管の穴を作る工事を行います。配管設置作業だけで済み、工事費用も比較的抑えられるのがメリットです。

Q.洗濯機置き場を室内に新設した場合、収納スペースも新たに作ることはできるのか?
A.はい、できます。洗濯機の上部を利用し、吊(つ)り戸棚などを設置する方法です。洗剤など小物類の収納ができるようになり、利便性も向上するでしょう。

Q.洗濯機置き場のリフォームにかかる費用はどのくらい?
A.給水管・排水管の設置などを伴うリフォームの場合、15〜20万円ほどの費用がかかる場合があります。業者によって費用に差があるため、必ず複数の業者から見積もりをとって比較しましょう。

Q.洗濯機置き場のリフォームは何日ぐらいでできるのか?
A.工事の内容によって異なります。洗濯機パンの交換など簡単な工事は、1日で済む場合があるでしょう。工事内容が複雑な場合は、1週間程度を見ておくと安心です。見積時に工事期間を確かめてください。

まとめ

洗濯機置き場が屋外にある場合、天候などに左右されるだけでなく、室内との行き来が増えるため、家事の負担が大きくなります。家事の負担軽減や既存の洗濯機置き場に不便を感じている場合は、リフォームを検討しましょう。賃貸物件でも、室内に洗濯機置き場があるだけで、入居率もアップします。洗濯機置き場の設置場所や工事内容と併せ、注意点も覚えておいてください。