雨漏りの応急処置はどうすればよい? 室内・屋根の修理方法を詳しく!


「先日の大雨で雨漏りがするようになったので、応急処置する方法を知りたい」「応急処置後の修理はどこに依頼できるのだろう」とお考えではありませんか?雨漏りがすると室内がジメジメするだけでなく、素材の傷みやカビの繁殖などが心配ですよね、しかし、応急処置をしたくても、どこをどんな方法で対処すればよいのかよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、雨漏りの応急処置について詳しく解説します。

  1. 雨漏りが発生しやすい場所は?
  2. 雨漏りを放置するとどんな二次被害がある?
  3. 室内に雨漏りが起きたときの応急処置
  4. 屋根に雨漏りが起きたときに行う応急処置
  5. 雨漏りの原因を特定する方法は?
  6. 雨漏りの修理はどこに依頼すればよい?
  7. 雨漏りの応急処置に関するよくある質問

この記事を読むことで、雨漏りを応急処置する方法や修理の依頼方法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.雨漏りが発生しやすい場所は?

最初に、雨漏りが発生しやすい場所を詳しく見ていきましょう。

1-1.屋根

屋根は、最も雨漏りが発生しやすい場所です。屋根から雨漏りする主な原因は、以下をご覧ください。

  • 屋根塗装・屋根材の劣化や傷み
  • 屋根の防水シートの劣化
  • 屋根材や瓦のズレ
  • コーキング材のひび割れ

雨漏りの原因が屋根にある場合、補修が遅れると屋根だけでなく室内に大量の雨水が浸水して大きな被害につながりやすくなります。

1-2.屋上

屋上は、屋根と同様に建物の一番上にあるため、経年や風雨・紫外線などの影響で塗装が劣化し防水機能が失われたり、ひび割れが発生したりすることで雨漏りが発生します。また、防水シートが劣化して防水効果が低下することも原因です。排水口や排水管が詰まって大量の雨水が屋上にたまった結果、雨漏りが発生することもあります。

1-3.外壁

外壁も雨漏りが発生しやすい場所になります。外壁は建物の外側に位置するため、風雨や紫外線の影響を受けやすいからです。また、屋根やベランダなどの重みや地震などの揺れの影響でひび割れることもあります。いずれにしても、外壁からの雨漏りは、外壁材が腐食するなどにより建物に深刻なダメージを与えやすいので注意してください。

1-4.ベランダ

ベランダも雨漏りが発生しやすい場所の一つです。ベランダは、建物より飛び出ているため、風雨や紫外線の影響を受けやすく、素材が劣化しやすくなります。たとえば、ベランダの外壁にひびが入ると、雨水が浸水して雨漏りし、ベランダの床や階下に大きな被害を与えることがあるので気をつけましょう。また、ベランダと建物の接続部分も、経年やベランダの重みなどの影響で劣化し、雨漏りが発生することがあるのでチェックしてみてください。

1-5.窓・窓枠

雨漏りは、窓や窓枠にも起こることがあります。主な原因は、窓ガラスが窓枠にしっかりはまっていない、ゴムパッキンが劣化しているなどです。また、窓枠の素材が劣化していたり外壁との間にすき間が発生していたりすることも原因になります。窓の雨漏りは、台風や爆弾低気圧など、強風を伴う雨が降ったときに発生しやすいのも特徴です。

2.雨漏りを放置するとどんな二次被害がある?

雨漏りを放置するとさまざまな二次被害が起こります。主なものを詳しく見ていきましょう。

2-1.建物の素材が傷んで強度が落ちる

雨漏りを放置すると、建物の素材が傷んで強度が落ちてしまいます。雨漏りの周辺には雨水が長くとどまりやすく、建物の素材が腐るからです。表面が乾いても、内部に浸水した雨水は長期間とどまり続けて、じわじわとダメージを広げていきます。建物の強度が落ちれば、震度5程度の揺れでも倒壊する可能性が出てくるので油断してはいけません。

2-2.カビが繁殖しやすくなる

雨漏りを放置すると、カビが繁殖しやすくなるのも二次被害といえます。カビが繁殖すると不衛生になり、アレルギーなどの健康被害が心配です。アレルギー体質の人・病気治療中の人・小さな子ども・高齢者・妊婦などがいる家は、特に注意しましょう。また、雨漏りした場所の腐食が進んだ場合、素材の交換が必要になるケースも多くあります。

2-3.家財にダメージが出る

雨漏りの二次被害として、家財にダメージが出るのも見逃せません。雨水が浸水して家財に付着すると、素材が傷んだりしやすくなります。デリケートな素材のものは、処分せざるを得なくなるでしょう。直接雨水が付着しなくても、雨漏りによって発生したカビの胞子が飛散するなどによりダメージを受けることもあります。

2-4.天井や外壁などにシミが広がる

雨漏りが発生した場所にシミが広がるのも二次被害といえるでしょう。雨漏りの水滴は、周囲の汚れを取り込んで落下したり広がったりします。雨漏りが起きてすぐに拭き取るなどの対策をしなければ、大きなシミができてしまうでしょう。シミが目立つと美観を損ねるのもデメリットです。いったんシミが付着すると掃除をしても完全に除去できないことが多く、大がかりな補修が必要になる場合もあるので注意してください。

2-5.建物の資産価値が下がる

雨漏りを放置すると、建物の資産価値が下がるのも大きなデメリットです。雨漏りが見られる時点で、建物に何かしら不具合があることを示しています。さらに、放置すれば影響を受ける範囲が広がって、屋根や外壁に限らずさまざまな場所にダメージを与えることでしょう。特に木造建築では、雨漏りを放置したために内部がシロアリ被害に遭い、壁や柱などがボロボロになることもあるので軽く見てはいけません。建物の資産価値が下がれば、売却時に大きな損害になります。雨漏り被害がひどい場合は、売却価格を下げてもなかなか買い手が見つからないこともあるでしょう。

3.室内に雨漏りが起きたときの応急処置

室内に雨漏りが起きたときの応急処置方法を詳しくご紹介します。

3-1.天井からの雨漏りは急いでバケツなどを置く

天井から雨漏りして水滴が落ちてきた場合は、急いでバケツなどを置いてキャッチしましょう。少量の水滴が落ちる程度なら、ぞうきんやタオルを置くことでも対応可能です。一時的な方法ですが、床がビショビショになるのを防ぐことができます。バケツなどの下にビニールシートや古新聞紙を敷いておくと、水滴が飛び散っても安心です。ただし、雨漏りが落ち着いたらそのほかの方法でも応急処置をしてください。

3-2.雨漏りしている場所を防水テープでふさぐ

雨漏りしている場所がごく狭い範囲なら、防水テープでふさぐことで応急処置ができます。防水テープを使用して応急処置をする場合は、以下の方法を参考にしてください。

  1. 雨漏りが見られる部分の水分や汚れをぞうきんなどで拭き取る
  2. 雨漏りが見られる部分を覆うようにして防水テープを貼る

防水テープを貼るときは、なるべく空気が入らないように密着させることが大切です。また、防水テープ同士が重なるとはがれやすくなるので注意してください。

3-3.窓からの雨漏りはぞうきんや古新聞紙で対応する

窓や窓枠周辺から雨漏りしている場合は、ぞうきんやタオル・古新聞紙などを置いて水分を吸収するとよいでしょう。台風や大雨などで雨漏りがひどい場合は、時々交換するようにすることが大切です。なお、カーテンをかけている場合は取り外しておきましょう。カーテンに大量の雨水がしみ込み、広範囲に被害が出る恐れがあります。

3-4.広範囲に見られる場合はブルーシートで覆う

室内でも、雨漏りが広範囲に見られる場合は、ブルーシートで覆うことがおすすめです。ブルーシートを使用すれば、雨漏りが広範囲に発生していても簡単にカバーでできます。雨漏りが見られる場所を覆ったら、はがれてしまわないよう防水テープでしっかり固定しておくようにしましょう。なお、雨漏りが広範囲に見られる場合は深刻な状態なので、できるだけ早く専門業者に依頼してチェック・対策してもらう必要があります。

4.屋根に雨漏りが起きたときに行う応急処置

屋根に雨漏りが起きたときに行う応急処置について詳しくご紹介します。

4-1.ブルーシートをかぶせる

屋根に雨漏りが起きた場合は、ブルーシートをかぶせることで応急処置になります。目視でチェックし、雨漏りの原因と思われる場所にブルーシートをかけてください。周囲に大きな石やブロックなどを置き、ブルーシートが風で飛ばないようにしておきましょう。なお、屋根にブルーシートをかぶせる作業は、1人では大変です。作業する際は、必ず2人以上で足元などに注意しながら安全を確保して進めましょう。

4-2.屋根の応急処置は専門業者に依頼するのがベスト

屋根の応急処置は、専門業者に依頼するのがベストです。屋根の雨漏りは、4-1で前述したようにブルーシートをかぶせて応急処置することができます。しかし、専門知識を持たずに屋根に上ることは、とても危険です。屋根は足元が不安定で、作業中に落下するなどによりケガをするリスクが高くなります。特に、2階以上の高い屋根や形状が複雑な屋根は危険なので、無理をせず専門業者に依頼してください。

5.雨漏りの原因を特定する方法は?

雨漏りの原因を特定するための方法を詳しくご紹介します。

5-1.目視で確認する

雨漏りの原因を特定するのに最も簡易なのが、目視で確認する方法になります。実際に雨漏りが起きた場所を観察し、原因箇所を想定してから家の外観を目視でチェックするのです。たとえば、瓦のズレやコーキングのひびなど、雨漏りの原因と思われるものを探します。ただし、目視だけでははっきりした原因が特定できないことも多く、そのほかの特定方法と組み合わせて行われることが多いのも事実です。

5-2.水を少量流してみる

水を少量流してみて、雨漏りが再発するか確認する方法もあります。専門業者では、散水検査と呼ばれる方法です。実際に水を流してみて雨漏りが再発すれば、原因が特定できたことになります。ただし、散水検査はやり方を間違えると建物にダメージを与える可能性があるので、自己流で行わないようにしましょう。

5-3.赤外線検査をする

専門機械を使って赤外線検査をし、雨漏りが発生している部分を特定可能です。雨漏りがある部分は水分を含んでいるため、サーモグラフィー画面で周囲より温度が低くなっている部分を確認します。赤外線検査は、雨漏り以外にも家のダメージを調べることができるのが特徴です。

5-4.専門業者に雨漏り診断を依頼しよう

雨漏りの原因を確実に特定するには、専門業者に雨漏り診断を依頼するのが一番です。詳しい知識と経験から、雨漏りの原因を特定してもらうことができます。また、専門業者ならではの測定技術や専門機器を駆使して、雨漏りの原因を探ってもらえるので安心です。なお、当造研でも高性能な赤外線検査による雨漏り診断を無料で行っています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

6.雨漏りの修理はどこに依頼すればよい?

雨漏りの修理は、信頼できる業者に依頼することが大切です。

6-1.信頼できる業者の選び方は?

雨漏りの修理は、以下のポイントを満たす業者に依頼するとよいでしょう。

  • 雨漏りの修理実績が豊富にある
  • 高品質な仕上がりで定評がある
  • 雨漏り診断や見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • なるべく早く作業してくれる
  • スタッフの対応が親切で丁寧
  • 顧客からの評判がよい
  • 保証やアフターサービスが充実している

6-2.正式に依頼する前に見積もりをもらおう

雨漏りの修理を業者に依頼するときは、はじめに見積もりをもらいましょう。見積もりをもらわず、いきなり正式に契約すると業者との行き違いが発生しやすく、トラブルになりがちです。業者から見積もりを受け取ったら、以下のポイントをチェックしてください。

  • 修理金額が予算内か
  • 修理内容が明確に記載されているか
  • 不明な項目で計上していないか
  • 見積もりの作成年月日・有効期限・担当者名・社名の記載があるか
  • 業者の社印が押されているか

また、見積もりを依頼したときに対応がよいか、迅速に送付されるかも重要なポイントです。

6-3.悪質業者の手口には十分に注意すること

悪質業者の手口には、十分に注意しましょう。特に、雨漏り修理は悪質業者の得意分野です。実際に悪質業者の手口でよくあるパターンは、下記をご覧ください。

  • 平日の昼間などにいきなり訪問して雨漏り修理をすすめてくる
  • 「屋根が傷んでいるから今すぐ修理しないと大変だ」などと不安をあおる
  • 今だけ大幅値引きキャンペーン中などとして、お得感を出してくる
  • 見積もりだけなら無料だからと無理やり家に上がり込もうとする
  • 契約するまでしつこく居座ったり強い言葉や態度で脅迫してきたりする
  • あいまいな表現で見積もりや契約書を作成し、実際には法外に高い金額を要求する

雨漏り修理で悪質業者の被害に遭わないためにも、6-1を参考にして信頼できる業者に依頼しましょう。

7.雨漏りの応急処置に関するよくある質問

最後に、雨漏りの応急処置に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.雨漏りの応急処置はどのくらい持つ?
A.断言できません。今回は乗りきることができても、次回雨が降ったときに雨漏りが再発する可能性もあります。応急処置はあくまでも一時的な対処法なので、できるだけ早くきちんと修理してください。

Q.小雨だと雨漏りしないのはなぜ?
A.雨漏りとして認識できる前に、雨水が建物の素材に吸収されてしまうからです。反対に大雨などで雨量が多くなると、家の素材が雨水を吸収しきれなくなり雨漏りが発生します。

Q.冬の間だけ窓の下側がぬれるのは雨漏りのせい?
A.雨が降っていないのにぬれる場合は、雨漏りではなく結露の可能性があります。窓の下側だけでなく、窓ガラスなどにも水滴が付着していないかチェックしてみてください。

Q.新築の家なら雨漏りが発生しない?
A.いいえ。新築の家でも条件がそろえば、雨漏りが発生します。ただし、古い家と違い、施工不良が原因になるケースが多いでしょう。

Q.屋根の雨漏りが頻繁に起こる場合はリフォームするべきか?
A.古い屋根などは、寿命を迎えたと判断してリフォームするとよいでしょう。屋根の素材自体が劣化していると、修理してもすぐに雨漏りする可能性が高いからです。なお、当造研でも屋根のリフォームを数多くお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、雨漏りの応急処置について詳しく解説しました。雨漏りが発生したら、早急に応急処置をする必要があります。室内・屋外共に、適切な方法で応急処置をして被害が広がるのを防ぎましょう。なお、あくまでも一時的な処置なので、なるべく早くきちんとした方法で修理することが大切です。まずは、この記事を参考に信頼できる業者に雨漏り診断を依頼することをおすすめします。どこで雨漏りが発生しているか分かったら、業者とよく相談して修理してもらいましょう。