床下の湿気対策、その重要性や方法は? 費用相場も一挙公開!


「床下の湿気対策をしたい」「放置しておくとどうなるのか?」と悩む気持ち、よく分かります。床下は特に湿気がたまりやすい箇所です。湿気対策のためにリフォームを行うケースも少なくありません。床下の湿気を放置しておくとさまざま被害を引き起こすことになるため、早めの対処が必要です。

この記事では、床下の湿気対策が必要な理由やおすすめの湿気対策などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 床下の湿気対策はなぜ必要なのか?
  2. 床下に湿気が発生する理由
  3. 床下の湿気対策2つ
  4. 業者に依頼する際の注意点
  5. 床下の湿気対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、床下の湿気を放置する危険性や、業者に湿気対策を依頼した場合の費用相場などが分かるはずです。

1.床下の湿気対策はなぜ必要なのか?

まずは、床下の湿気対策が必要な理由についてご紹介しましょう。

1-1.カビの影響が家の中にまで及ぶ

カビは湿気が多い環境を好みます。床下に湿気がたまるとカビが大量に発生する恐れがあり、その影響が家の中にまで及んでしまうことが考えられるでしょう。壁紙やフローリングにもカビが繁殖し、部屋中にカビの臭いが充満してしまいます。アレルギーやカビ病など、住んでいる人の健康にも被害を及ぼす可能性もあるでしょう。

1-2.シロアリが家の寿命を縮める

湿気が多い環境を好むのは、カビだけではありません。シロアリは湿気が多く暗い場所を好むため、床下に発生しやすい害虫の一つです。シロアリが家の土台となる柱などを食い壊してしまうと、家自体の寿命を縮めることになってしまいます。

2.床下に湿気が発生する理由

床下に湿気が発生しやすい理由についてまとめました。

2-1.敷地が周りの土地より低い

周囲の家に比べて敷地が少し低い位置にある場合、雨水などの水分が自然と流れ込み、湿気がたまりやすくなります。適切な排水処理がされていないと、いつまでも湿気がたまっている状態になってしまうのです。

2-2.土壌の水はけが悪い

その土地がもともと沼地や田んぼとして使われていたなど、水はけが悪い場合は、土壌から水分が蒸発して床下の湿気の原因になってしまいます。もちろん、きちんとして処置をしていれば問題はありませんが、そうでない場合は湿気がたまりやすくなるでしょう。

2-3.床下の風通しが悪い

床下部分には換気孔を設けることが義務づけられていますが、その数や位置が十分でない場合や、換気孔をふさぐように物置などが設置されている場合は、風通しが悪くなります。湿気を放出することができず、たまりがちになってしまうのです。

3.床下の湿気対策2つ

床下の湿気対策には、大きく分けて以下の2種類があります

3-1.床下換気扇

床下に換気扇を設置して通気性をよくする方法です。湿った空気を強制的に排出し、外気を取り入れることで床下の湿度を下げます。床面積30坪の床下に対して2~4台ほどの換気扇を取り付ける必要があるでしょう。工事にかかる費用は、取り付け工事費用や電気配線工事費用なども含めて13~22万円前後が相場です。

3-2.床下防水シート

土壌からの湿気を防止する方法として、床下防水シートの設置があります。特に水分が多い土地などで使用されることが多いでしょう。非常に効果が期待できますが、床下をはがしての作業が必要になるため、リフォーム費用は高額になります。床材をはがす費用や表面処理工事費用なども含めると22~55万円ほどかかるのが一般的です。

4.業者に依頼する際の注意点

床下の湿気対策を業者に依頼する際に知っておきたい注意点をまとめました。

4-1.必ず現地調査を受ける

工事の前に現地調査が行われるか必ず確認しましょう。床下の状態を確認し、どのような対策が必要か決める上で非常に重要です。優良な業者であれば必ず現地調査を行ってから工事に入りますが、中には現地調査を行わない悪徳業者もいます。必要のない工事をされて高額な費用をだまし取られる可能性もあるのです。

4-2.複数の業者を比較して選ぶ

リフォーム工事にかかる費用は、業者によってまちまちです。必ず複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較しておきましょう。そうすることで、大まかな相場を把握できるはずです。見積もりをチェックする際は、費用の詳細な内訳が記載されているか必ず確認してください。「工事費用一式」などとおおざっぱな書き方をしている業者は利用しないほうがよいでしょう。

4-3.業者選びのポイントを知っておく

床下の湿気対策を行っている業者はたくさんあります。どの業者に依頼すればよいのか分からなくなったときは、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりや無料相談を受け付けているか
  • 見積書の内容が具体的で明確か

5.床下の湿気対策に関するよくある質問

「床下の湿気対策について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.床下の湿気対策が必要かどうか見極めることはできますか?
A.基礎部分の腐敗や木部のひび割れなどが目で確認できる場合は、湿気対策が必要な可能性が高いです。自分で確認できない場合もあるため、業者に定期的な点検を依頼することをおすすめします。

Q.「無料点検」といって突然訪問してきた業者に、床下の湿気対策をすすめられました。依頼してもよいでしょうか?
A.突然訪問してきて不安をあおり、リフォームをすすめてくる業者は、悪徳業者である可能性が高いです。次々に別の部分のリフォームもすすめられるケースもあるため、利用しないほうがよいでしょう。

Q.自分で床下の湿気対策を行うことは可能ですか?
A.調湿マットを床下に敷き詰める作業であれば、DIYが可能でしょう。ただし、その方法で確実に湿気対策ができるのか不安が残ります。業者に依頼したほうが安心でしょう。

Q.床下にはどのようにして侵入できるのですか?
A.通常、キッチンや洗面所などに「床下点検口」が設けられています。もし点検口がない場合は、業者に依頼して造ってもらうことも可能です。

Q.悪質なリフォーム業者に多い特徴を教えてください。
A.ホームページがない業者や強引に契約を迫る業者には注意が必要です。また、依頼していないのに突然点検に来る業者や、大げさに不安をあおる業者も利用しないほうがよいでしょう。

まとめ

床下の湿気対策が必要な理由や湿気対策にかかる費用・業者の選び方などを詳しくご紹介しました。床下の湿気を放置しておくと、家の寿命を縮める原因にもなります。適切な処置を施し、家を長持ちさせるため、業者による床下の点検を受けてみることを検討してみてはいかがでしょうか。