ガルバリウム鋼板を屋根材に使うメリットは? 注意点と共に解説!


「屋根の葺き替えを考えているが、どのような素材を選んだらいいか迷っている」という人はいませんか? 屋根材にはさまざまなものがありますが、近年人気が高まっているのが、ガルバリウム鋼板です。「工務店からガルバリウム鋼板をすすめられたので、特徴やメリットを詳しく知りたい」という人もいるでしょう。

そこで今回は、屋根材としてガルバリウム鋼板を使うメリットを紹介します。

  1. ガルバリウム鋼板の特徴
  2. ガルバリウム鋼板を用いた屋根の種類
  3. .ガルバリウム鋼板のメリット・デメリット
  4. ガルバリウム鋼板の施工方法、メンテナンス方法
  5. ガルバリウム鋼板の屋根工事はトラブルが多い
  6. ガルバリウム鋼板屋根に関する業者の選び方
  7. ガルバリウム鋼板の屋根に関するよくある質問

この記事を読めば、ガルバリウム鋼板を使った屋根の葺き替え方の種類や、屋根のお手入れ方法なども分かります。屋根の葺き替えを考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.ガルバリウム鋼板の特徴

はじめに、ガルバリウム鋼板の特徴や種類、屋根材に用いるメリットを紹介します。

1-1.ガルバリウム鋼板はアメリカ生まれのメッキ鋼板

ガルバリウム鋼板は、鋼板に、アルミニウム・亜鉛・シリコンのメッキを施した、アルミ亜鉛合金メッキ鋼板です。1972年にアメリカで誕生し、現在は「トタン」にかわる新しい金属系建築資材として人気があります。

1-2.ガルバリウム鋼板の特徴

ガルバリウム鋼板は、アルミニウムの特徴である耐食性・加工性・耐熱性・熱反射性と、亜鉛の特徴である犠牲防食機能を併せ持つ合板です。つまり、耐食性に優れた薄い保護膜が芯となる鋼材を腐食や錆から守っています。そのため、かつて主流だった金属系屋根材であるトタンよりも、3~6倍の耐久性を持つのが最大の特徴です。

2.ガルバリウム鋼板を用いた屋根の種類

ガルバリウム鋼板を用いた屋根の種類を紹介します。

2-1.横葺き

文字どおり、鋼板を横に葺いていく工法です。勾配が0.5寸未満の緩い勾配の屋根に用いられます。

2-2.縦葺き

勾配が0.5寸以上の場合、鋼板を縦に葺いていく縦葺きがおすすめです。業者によっては勾配が0.2寸から縦葺きをすすめるところがあります。

2-3.瓦調葺き

瓦のように加工したガルバリウム鋼板を用いて屋根を葺いていきます。瓦屋根のように見えますが、瓦より軽く、耐久性を高くしたいという場合に用いられることが多いでしょう。

3.ガルバリウム鋼板のメリット・デメリット

この項では、ガルバリウム鋼板のメリット・デメリットや施工する際の注意点を紹介します。

3-1.ガルバリウム鋼板はさびにくく耐久性が高い

ガルバリウム鋼板を屋根材に用いると、以下のようなメリットが期待できます。

  • 錆びにくい
  • 耐久性が高い
  • 屋根材の中では軽量なので、耐震性が高い
  • 色が豊富なのでデザイン性が高い
  • 熱反射に優れ、耐熱性が高い

屋根材は雨風にさらされるため、高い耐久性が求められます。ガルバリウム鋼板は理想に近い屋根材の1つと言えるでしょう。

3-2.ガルバリウム鋼板は断熱性が低く衝撃に弱い

ガルバリウム鋼板は、ほかの屋根材に比べて薄いので、断熱性・防音性が低く衝撃に弱いというデメリットがあります。断熱材を入れないと、夏は室内が高温になることもあるでしょう。また、台風の被害に遭いやすい地域では、風で飛ばされたもので屋根に穴が空く可能性があります。

3-3.施工費用とメンテナンス費用がかかる

ガルバリウム鋼板は、初期の施工費用やメンテナンス費用がほかの屋根材に比べると高めです。また、メーカーは高耐久性をウリにしていますが、施工業者の工事が不良だったためにガルバリウム鋼板の屋根にしてから1~2年で補修が必要になった、というケースもあります。そのため、施工方法の不備に関するトラブルも多く起こっているのです。

4.ガルバリウム鋼板の施工方法、メンテナンス方法

この項では、ガルバリウム鋼板の施工方法やメンテナンス方法を紹介します。

4-1.施工法には2種類ある

ガルバリウム鋼板の施工法には、葺き替えとカバー方法があります。葺き替えは、古い屋根材をすべて取り払い、新しくガルバリウム鋼板を葺きなおす工法です。屋根が軽くなり、デザイン性にも優れたものになるメリットがある一方、防音性や断熱性が低下するため、断熱材を入れたり防音工事をしたりする必要も出てきます。また、一度古い屋根材を取り払うので、工事に時間がかかるでしょう。カバー方法は、古い屋根材の上に新しくガルバリウム鋼板をかぶせる工法です。工事期間が短く、防音工事や耐熱工事も必要ないケースが多くなります。その一方で、屋根が重くなり雨漏りがした場合は原因の特定が難しくなるでしょう。

4-2.ガルバリウム鋼板の屋根は定期的にメンテナンスが必要

ガルバリウム鋼板は、20年以上メンテナンスフリーで大丈夫と宣伝している業者がありますが、これは間違いです。前述したように、ガルバリウム鋼板は鋼材に薄い皮膜をかぶせているもので、被膜が傷つくとサビが発生して腐食していきます。ですから、ガルバリウム鋼板の屋根であっても、1年に1度は目視で屋根の様子を確認し、10年以上たったものは再塗装が必要なこともあるでしょう。

4-3.ガルバリウム鋼板のメンテナンス費用は高額

ガルバリウム鋼板の修理や塗り替えはほかの屋根材に比べて高額になりがちです。また、前述したようにガルバリウム鋼板は衝撃に弱いので、台風などの災害が発生すると簡単に傷つくこともあるでしょう。そのため、こまめな点検が大切です。

5.ガルバリウム鋼板の屋根工事はトラブルが多い

ガルバリウム鋼板を用いた屋根工事は、トラブルが多く報告されています。一例をあげると以下のようなものです。

  • 屋根を葺き替えてすぐに雨漏りが発生した
  • 20年はメンテナンス不要と言われたのに、10年未満でサビが発生した
  • 工事をして間もないのに、ガルバリウム鋼板が剝がれてきた

ガルバリウム鋼板を扱うメーカーの多くが10年保証などの長期保証をつけていますが、それはあくまでも鋼材の不具合によって屋根に不調が生じた場合です。施工不良は保証されません。なぜこのようなことが起こるのか、それは次の項で詳しく紹介します。

6.ガルバリウム鋼板屋根に関する業者の選び方

この項では、ガルバリウム鋼板屋根に関する業者の選び方を解説します。

6-1.工事業者を慎重に選ぶことでトラブルは防げる

ガルバリウム鋼板は、扱いが難しい金属です。施行中に鋼板を傷つけるだけで、錆が発生する原因となります。ですから、長年にわたって施工例が多く、施工に関するアフターケアが手厚い業者を選びましょう。口コミで業者を選ぶ場合、長期高評価が続いている業者を選ぶことが大切です。

6-2.複数の業者から見積もりを取って比べてみる

ガルバリウム鋼板を用いて屋根を葺いてもらいたい場合、可能ならば、複数の業者から見積もりを取り、疑問点があったら詳しく尋ねましょう。見積もりが分かりやすく、施主の疑問に丁寧に答えてくれる業者は信用できます。特に、メンテナンス方法について丁寧に説明してくれる業者を選ぶのがおすすめです。

7.ガルバリウム鋼板の屋根に関するよくある質問

この項では、ガルバリウム鋼板の屋根に関する質問を紹介します。

Q.ガルバリウム鋼板の屋根工事を請け負ってくれる業者はどうやって探せばいいですか?
A.ネットを利用したり、リフォーム展示会などで情報を集めたりして選びましょう。焦ってはいけません。

Q.施工不良で屋根に不具合が生じた場合、すぐに施工会社が直してくれますか?
A.そうとは限りません。施工後1~2年後に不具合が生じた場合、施工不良と認められないこともあります。

Q.ガルバリウム鋼板の屋根工事はどのくらいの費用がかかるでしょうか?
A.1㎡あたり、数千円が相場です。また、カバー工法のほうが葺き替え工法に比べると1㎡あたり千円前後安くなることが多いでしょう。

Q.ガルバリウム鋼板の屋根工事の期間はどのくらいかかりますか?
A.工法によって異なりますが、カバー方法の場合は1週間~10日くらいでしょう。

Q.カバー工法が使えない屋根はありますか?
A.はい。瓦屋根など凹凸がある屋根はカバー工法ができません。

まとめ

今回は、ガルバリウム鋼板の屋根工事について紹介しました。メンテナンスフリーで軽いとメリットばかり宣伝されがちなガルバリウム鋼板ですが、デメリットもあります。しっかりと特徴を把握し、工事業者を厳選して依頼しましょう。