お風呂のタイル補修はDIYできるの? 注意点や業者に依頼する方法など


「お風呂のタイルは自分で補修できるのか」「劣化したお風呂のタイルを放置するとどうなるのか心配……」など、風呂のタイル補修で悩んでいる方は多いでしょう。タイルの劣化症状には、ひび割れや欠け・剝がれなどがあります。これらの症状を放置していると、劣化がどんどんすすんでしまうので早めの補修が必要です。

本記事では、お風呂のタイルの補修方法などについて解説します。

  1. 劣化したお風呂のタイルを放置するとどうなるの?
  2. お風呂のタイルをすぐに補修すべきケース
  3. DIYか業者に依頼するかの判断基準とDIYのコツ
  4. タイル補修を業者に依頼する場合
  5. お風呂のタイル補修に関してよくある質問

この記事を読むことで、お風呂のタイル補修方法や業者に依頼するコツなどが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.劣化したお風呂のタイルを放置するとどうなるの?

最初に、劣化したお風呂のタイルを放置するとどうなるのか、詳しくチェックしておきましょう。

1-1.タイルのひび割れから壁や床の水もれに

お風呂のタイルは年数がたつにつれて、小さな劣化が発生するのは当然のことです。最初は小さな劣化でもどんどん大きくなり、特に、ひび割れを放置すると、壁や床の水もれなど、最悪のケースにつながるので注意しなければなりません。「小さなひびだから大丈夫」「表面だけ割れているから問題ない」と甘く思わないようにしてください。そこからどんどん劣化がすすんでしまい、補修が大がかりになり費用が高くかかる可能性があります。

1-2.建物の基礎部分の劣化につながることも

お風呂のタイルの劣化は、建物の基礎部分の劣化につながる可能性があります。ただのタイルのひび割れだと思って放置すると、下地や基礎部分も劣化するほどに進行してしまうのです。最初は、毛細管現象によってタイルのひび割れの中に水が入り込み、壁や床に水もれが発生するでしょう。そして、下地が傷み、柱や金属部分の腐食にまで症状が悪化してしまいます。実際に、「タイルの補修を依頼したら基礎部分まで補修することになった」というケースも多いのです。最悪なケースにならないためには、早めに補修することが1番の対策となります。

1-3.シロアリの被害に遭いやすくなる

お風呂は毎日使う場所なので、年中湿気が多く室温も比較的に高い状態が続く環境となります。そのため、シロアリにとっては絶好の住みかとなり、タイルのひび割れなどの劣化を放置すると被害に遭いやすくなるのです。シロアリの被害に遭ってしまうと、タイルの表面の補修だけでは済みません。シロアリの駆除はもちろんのこと、下地や基礎部分が傷んでいる場合は全面的なリフォームが必要となります。その分、補修費用もかかってしまうので、放置するほど高額な金額になるでしょう。最小限の費用で抑えるためにも、早めの補修が必要です。

2.お風呂のタイルをすぐに補修すべきケース

では、お風呂のタイルをすぐに補修すべきケースは、どのようなケースなのでしょうか。ここで詳しく説明します。

2-1.タイルの目地が汚れている・劣化がすすんでいる

タイルとタイルの継ぎ目となる目地が激しく汚れていたり、劣化がすすんだりしているときは、早めに補修したほうがいいでしょう。タイルの目地は、タイルが受ける負担を軽減し水の浸入を防ぐという役割を担っています。そこの汚れが目立ち劣化がすすんでいると、水の浸入が防げなくなり下地が傷んでしまいやすくなるのです。一般的に、目地はタイルよりも柔軟性のある素材が使用されていますが、実は劣化しやすい部分でもあります。目に見えないひび割れが発生していることもあるため、少しでも異変を感じたら業者に相談してください。

2-2.浴槽とタイルの間にすき間ができている

お風呂のタイルをチェックして、浴槽と壁や床のタイルとの間にすき間ができている場合はすぐに補修を始めたほうがいいでしょう。そのすき間から水が入り込み、浴槽の裏側にカビが発生したり、建物の基礎部分にまで劣化を及ぼしたりする可能性が高いからです。少しのすき間なら自分で補修できますが、すき間が大きく広がっている場合は業者に依頼することをおすすめします。

2-3.タイルの表面が一部でも欠けている

お風呂のタイル補修でよくあるのが、「一部だけだから大丈夫」と放置した結果、下地や建物の基礎部分まで悪影響を及ぼしたケースです。タイルの表面が一部でも欠けている場合は、早めの補修を心がけましょう。欠けた部分から水が浸入すれば、下地がすぐに傷んでしまいます。一部だけであったとしても、タイル表面の欠けは早急の補修が必要です。タイルの張り替えは困難な作業ではないため、早めに補修すればDIYできます。

3.DIYか業者に依頼するかの判断基準とDIYのコツ

それでは、DIYか業者に依頼するかの判断基準とDIYの方法・コツを紹介します。

3-1.築年数が15年以上の浴室は業者に依頼しよう

一般的に、浴室の平均寿命は約15~25年と言われています。最初は目に見えないひび割れが発生し、いつの間にかひびが大きくなってしまうものです。寿命による経年劣化の場合は、タイルだけでなく給水管・土台自体が傷んでいる可能性が高いため、DIYでは対処しきれません。築15年以上の場合は、DIYではなく業者に依頼してください。また、タイルの劣化を1年以上放置している場合も同じです。小さな傷だとしても内部が激しく傷んでいる可能性があります。

3-2.全面張り替えて新品にしたいケース

壁も床も全部張り替えたいケースは、DIYではなく業者に依頼することをおすすめします。全面張り替えとなると大量の材料が必要になり、作業時間もかかることになるからです。特に、タイルの並びや細かい処理は、専門の業者でないとキレイに仕上がりません。無理に自分で行うと、仕上がりが悪くなってしまうので最終的に業者に依頼するというケースも多いのです。後悔しないためには、客観的に判断することも大切なポイントとなります。

3-3.軽微な劣化程度ならDIYが可能

タイルや目地の劣化が軽微で、わずかな範囲であれば、ホームセンター等で必要な道具を購入し、DIYで補うことができます。たとえば、数か所程度の劣化や、ものをぶつけてできた簡単な劣化などです。それ以外の劣化症状は、業者に依頼するようにしましょう。

3-4.タイルのひび割れをDIYで補修する方法

軽微なひび割れならDIYで補修が可能です。自分で行う場合は、シリコン系の防水充てん剤・マスキングテープ・ヘラ、そして耐水・耐熱性の高いホーロー補修剤を使用します。具体的な補修の手順は以下を参考にしてください。

  1. ひび割れ部分周辺の汚れをキレイにし、しっかりと乾燥させる
  2. パレット代わりに厚紙や容器を用意し、補修剤の主剤と硬化剤を同量しぼり出す
  3. 色を調節する際は、絵の具を少しずつ加える
  4. よく混ぜ合わせて補修剤の色が均一になったらヘラでひびに沿って勢いよく塗りつける

3-5.タイルを一部張り替える方法

タイルを一部だけ張り替える場合は、マイナスドライバー・金づち・新しいタイル・コンクリート用接着剤・マスキングテープ・ヘラを準備してください。主な補修方法は以下のとおりです。

  1. 張り替えるタイル周辺の目地剤をマイナスドライバーなどで下地が見えるまでそぎ落とす
  2. ひびが入ったタイルを金づちで少しずつキレイに剝がす
  3. 新しいタイルの裏側にコンクリート用接着剤を天塗りし、押さえつけながら貼る
  4. 接着剤が乾いたらタイル面にマスキングテープを貼る
  5. 目地部分を目地剤で埋めてヘラでならす
  6. マスキングテープを直後に剝がして完了

4.タイル補修を業者に依頼する場合

ここでは、タイルの補修を業者に依頼する方法とポイントを解説します。

4-1.タイルの一部補修は約2万~3万円

タイル補修の費用は、状況や劣化症状などで異なりますが、タイルの一部補修であれば約2万~3万円と補修内容の中でも比較的安く抑えることができます。タイルの一部ひび割れ・欠けの補修費用は人件費を含めて2万~3万円ほど、目地の補修は約2万円です。ただし、劣化状態がひどく、下地の補修範囲が広くなると3万円以上かかる可能性があります。

4-2.タイル張り替えの場合は約6万~10万円

お風呂のタイルを全面張り替える場合は、一般的な広さ(0.75坪)のお風呂で10万円以上が目安となります。床部分だけなら約6万円、壁部分だけなら約10万円と考えておくといいでしょう。また、使用するタイルの種類によっても費用が大きく変わるので注意してください。

4-3.工期の目安は半日~1日程度

タイルの補修工事にかかる期間は、半日~1日程度になるケースがほとんどです。一部のタイル張り替えならそれほど時間はかからないので、約半日で済むでしょう。ただし、劣化状態がひどかったり、床も壁も張り替えたりする場合は、2~3日程度かかる可能性があります。その期間中はお風呂に入れなくなるため、銭湯を利用するなど対処法を考えておかなければなりません。

4-4.業者選びのポイントをチェック!

どの業者にタイルの張り替えを依頼したらいいのか分からないときは、複数の業者を比較するといいでしょう。比較することで、優良業者が選びやすくなります。主なポイントは以下のとおりです。

  • 社歴が長く施工実績や事例が多いか
  • 現地調査を丁寧に行ってくれるか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • 見積もり時に具体的かつ詳しく説明してくれるか
  • 問い合わせ対応や工事対応が早いか
  • 保証とアフターメンテナンスがあるか
  • 口コミや評判がいいか

浜松市の住宅リフォーム会社「造研」では、無料見積もりと無料相談を行っています。数々のコンテストで受賞しており、お客様に寄り添うことがモットーですので、お気軽にお問い合わせください。また、ホームページでは施工事例も紹介しています。こちらもぜひチェックしてください。

5.お風呂のタイル補修に関してよくある質問

お風呂のタイル補修に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.経年劣化のサインは?
A.力を加えたり、ものを落としたりした記憶がないのにタイルが割れている場合は、経年劣化による不具合の可能性が高いと言えるでしょう。この場合は、タイルの表面だけでなく、下地までひび割れしている恐れがあるため、DIYではなく業者に依頼してください。

Q.タイルを補修するメリットは?
A.お風呂のタイル補修は、家の老朽化を未然に防ぐ方法の1つです。だからこそ、どんなに小さな傷や劣化であったとしても、早めに補修を行うことが大切になります。適切な対処を施せば、長くキレイな状態を保ち続けることができるでしょう。

Q.タイルのひび割れをDIY補修する際の注意点は?
A.主剤と硬化剤を直前まで混ぜないことです。気温20℃の環境で作業を行う場合、5~10分ほどで固まり始めるため、何度も塗り直さずに手早く塗るのがポイントとなります。また、ひびの流れに沿ってスッと一気に塗りましょう。

Q.タイルを張り替えるポイントは?
A.古いタイルを剝がした後、下地についている汚れをキレイに取り除くことです。そして、ドライバーなどを使って、でこぼこをなくし平らにしましょう。汚れがついたままだと新しいタイルがキレイに貼れなくなり、でこぼこになってしまいます。また、タイルにシールを貼るときも、きちんとタイルの汚れを拭き取って乾かしてから貼りつけてください。

Q.依頼しないほうがいい業者の特徴は?
A.現地調査を行わない業者です。作業を始める前に現地調査を行い、タイルの劣化症状や範囲などを確認するのが基本となります。きちんと確認しなければ、適切な補修作業ができなくなるからです。現地調査を行わず、すぐ作業に取り掛かる業者は悪徳業者の可能性があるので注意してください。しっかりと調査してもらい、どこがどのように劣化しているのか説明してもらってから補修をお願いしましょう。

まとめ

お風呂のタイルの劣化を放置すると、どんどん症状が進行してしまいます。症状が軽く、それほど劣化がすすんでいない状態ならDIYで補修できるでしょう。しかし、劣化症状が現れて1年以上経過している・築年数が15年以上の場合は、業者に依頼することをおすすめします。プロの業者に依頼したほうが、スピーディーかつ的確な補修が可能です。業者に依頼する際は、できるだけ実績があるところを選んでください。