洗面台の交換費用や知っておくべき注意点は? 業者の選び方も紹介!


古くなった洗面所を交換したい

「洗面台の使い勝手が悪い」「交換すべきだろうか」とお悩みではありませんか? 使用頻度の高い洗面台だからこそ、見た目も使い勝手もよいものにしたいという人は多いでしょう。洗面台を交換するにあたって、事前に知っておくべきことはいろいろあります。

この記事では、洗面台の交換目安や種類・リフォームの費用相場などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 洗面台の交換目安は?
  2. 洗面台の種類3つ
  3. 洗面台を交換する際の注意点とポイント
  4. 洗面台の交換を業者に依頼する方法
  5. 洗面台の交換に関するよくある質問

この記事を読むことで、洗面台の交換を業者に依頼する際の流れや、費用が高額になる条件などが分かるはずです。

1.洗面台の交換目安は?

まずは、洗面台の交換を検討すべきタイミングについてご紹介しましょう。

1-1.寿命は15~20年

洗面台の平均寿命は15~20年といわれています。洗面台のボウル部分に使われることが多い陶器は耐久性が高いため、丁寧に使えば20年は持つでしょう。ただし、化粧水のビンやドライヤーなどを落としてしまい、ヒビが入ってしまうケースも少なくありません。その場合は、10年以内でも交換の必要性が出てしまう可能性があるでしょう。

1-2.メンテナンス不足で寿命を縮める可能性も

メンテナンス不足が原因で洗面台の寿命を縮め、交換が必要になる場合もあるでしょう。たとえば、髪の毛やアカなどが原因で内部のパッキンが劣化し、水もれを引き起こしてしまうこともあります。また、湿気が原因で収納キャビネットが傷み、破損してしまうケースも珍しくないでしょう。不具合の内容によっては部分的な補修では追いつかず、洗面台全体を交換する必要があります。

2.洗面台の種類3つ

洗面台の種類についてご紹介しましょう。

2-1.ユニットタイプ

水栓や洗面ボウル・鏡・収納キャビネット・照明などが一体になっています。比較的手ごろな値段で大がかりな工事が必要ないことから、よく選ばれている洗面台です。サイズやデザインのバリエーションも豊富なため、好みの洗面台が見つかりやすいでしょう。

2-2.システムタイプ

すべてのパーツを自由に選んで組み合わせることができるのが、システムタイプです。浴室とカラーと統一するなど、自由度が高いのが特徴でしょう。ユニットタイプに比べると費用は高額になります。

2-3.カウンタータイプ

システムタイプの一種で、カウンターを広く備えた洗面台です。カウンターの上に洗面ボウルが設置されているタイプと、カウンターと洗面ボウルが一体化しているタイプがあります。洗面台のスペースを広く取れる場合におすすめです。

3.洗面台を交換する際の注意点とポイント

洗面台を交換するにあたって知っておきたい注意点やポイントをまとめました。

3-1.サイズを確認する

設置スペースに合ったサイズかを必ず確認してください。「大きすぎてスペースに入りきらない」「小さすぎて壁との間に余計なすき間ができてしまった」という失敗例もあります。間口や奥行き・高さをしっかり採寸してから洗面台選びをしましょう。

3-2.給排水管の位置を確認する

洗面台には給排水管を通す必要があるため、位置に問題がないか確認しなければなりません。洗面台と給排水管の位置が大きくずれていると、給排水管を通すことができなくなってしまいます。洗面台の位置を変えなければならなくなる可能性もあるため、しっかりチェックしておきましょう。

3-3.壁や床のリフォームは必要ないか

壁や床のリフォームも必要かどうかを考えましょう。既存の洗面台を取り外したら意外と壁や床が傷んでいたというケースもあります。新しい洗面台のサイズによっては傷んでいる部分が露出してしまう可能性もあるでしょう。また、壁と床のリフォームを別に行うより、洗面台の交換と一緒に行ったほうが費用を抑えられます。

4.洗面台の交換を業者に依頼する方法

業者に依頼した場合の費用相場や、交換までの流れなどをまとめました。

4-1.業者選びのポイントは?

業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な施工実績があるか
  • 過去の施工例を見せてくれるか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • 提案力と技術力があるか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

4-2.費用相場は20万円前後

洗面台交換にかかる総費用の相場は、20万円前後といわれています。この金額は、洗面台本体の価格と取り付け工事費用を合わせたものです。また、取り付け工事費用は3~5万円が相場ですが、業者によって違いがあるため、事前に複数の業者の無料見積もりを比較しておきましょう。

4-3.交換までの流れ

洗面台の交換を業者に依頼する際の手流れは、以下のとおりです。

  • 無料相談・無料見積もりの申し込み
  • 訪問の日時決定
  • 現地調査
  • 正式見積もり
  • 工事開始

5.洗面台の交換に関するよくある質問

「洗面台を交換したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.洗面台を自分で設置することは可能ですか?
A.設置作業に慣れている人であれば可能でしょう。ただし、配管の接続なども必要なため、失敗すると水漏れなどのトラブルが起こる可能性もあるため、おすすめはできません。また、業者に依頼すれば古い洗面台の引き取りを行ってくれるので、手間を軽減できるでしょう。

Q.新しい洗面台を選ぶポイントを教えてください。
A.サイズが合っているかどうかだけでなく、お手入れのしやすさや収納力・省エネ性能なども考えた上で選ぶとよいでしょう。

Q.洗面台の人気メーカーにはどのようなものがありますか?
A.LIXILやTOTO・パナソニック・タカラスタンダードなどが特に人気です。

Q.洗面台の交換工事は何日かかりますか?
A.洗面台本体だけを交換する場合は、半日もあれば完了するでしょう。壁や床のリフォームも加わると1日はかかります。

Q.悪質なリフォーム業者の特徴を教えてください。
A.見積書に詳細な内訳が記載されていない・契約書や見積書などの書類を用意しない・強引に契約を迫るなどの業者は、利用しないほうがよいでしょう。

まとめ

洗面台を交換するタイミングや交換する際の注意点・業者選びのポイントなどを詳しくご紹介しました。使い勝手のよい洗面台は、生活を快適にしてくれます。イメージどおりのリフォームができるように、ぜひこの記事を参考にしてください。