運気を上げる洗面所の空間作り 5つのポイント


住む人の生活感が最も出やすいと言われる、洗面台近辺。
何かと物が溢れて大変なことになっていませんか?
風水では水回りが綺麗に整頓されていると運気を上げると言われています。
また、リフォームする上で洗面台の空間作りや収納は、最も頭を悩ますもの。
毎日何度も行き来する場所だから、清潔で魅力的な水回りを目指しましょう。
少しの工夫で、ワンランク上の洗面所を演出することができますよ。

1.容器類はまとめてシンプルにすべし

歯ブラシ

洗面台を雑然と見せてしまう理由の1つに、ハンドソープディスペンサーや石鹸置き、歯ブラシ置きが統一されていないことが挙げられます。
見せることを意識して、バラバラに揃えるのではなく、同じブランド物やシリーズに統一するとすっきりします。
また、プラスチック、ステンレス、陶器など、選ぶ素材によって洗面台の雰囲気を簡単に変えられます。

2.タオルは同系色の物か2色まで

タオル

まとめて購入したり、お祝い返しなどで貰うことの多いタオルですが、タオル置き場に無秩序に並んだタオルは、それだけで安っぽい洗面所に見えてしまいます。
白、モスグリーン、薄いピンク、ベージュは、使いやすく2色混ぜても飽きの来ない色味でおすすめです。

3.毎日使う物のみ出しておく

洗面所

毎日使うもの、使わないものをリストアップして、使用頻度の高いものだけを場所を決めて、収納しましょう。
例えば、いつか使おうと思って取っている試供品、化粧品類、掃除用具、歯磨き粉のストック等、細々した散らばりがちな物は、カゴやボックスに入れてそれぞれ収納します。
反対に、毎日使用するドライヤー、歯ブラシ、コップ等は定位置を決めて、「使ったら戻す」を徹底することがポイントです。

4.ラックやカゴを上手に使って収納すべし

洗面所は1年を通して湿度がこもってしまいがちで、できるだけ通気性の良い収納を選ぶ必要があります。
そんな時、天然木を使用したラックやカゴは、水分を上手に逃がすため便利です。
ちなみにカゴやラックは、個別に用意せず3つ以上同じ物を揃えると、整然として見え、インテリアとして機能します。

5.緑を置く

グリーン

観葉植物は、リラックス効果や疲労回復することでも知られていますが、洗面所を始めとする水回りに1つあるだけで、疲れた体を癒し、1日の活力が生まれます。
もし間取り的に太陽光が入らず、生花や観葉植物を置くことが難しければ、フェイクグリーンを飾りましょう。

いかがでしたか?
洗面台付近は、ちょっとした工夫をすれば、すぐにきちんと感が出しやすい所です。
増えてしまいがちな小物は、「見せる」か「隠す」のどちらかに徹底しましょう。